憧れの一人暮らしを始めるための賃貸物件探し【物件探し旅】

特優賃ってなに

一軒家

賃貸物件は様々な種類が存在しますが、中でも特優賃と呼ばれるシステムの料金体制をとっている住宅が存在します。その名の通り特別に身体が優遇された賃貸物件になり、入居すると様々な特典を得ることが出来ます。そもそも特優賃をとっている住宅とは公的賃貸住宅制度を利用した住宅になり、オーナーが賃貸物件を建てる際に自治体や国の補助金を利用して建てた際に特優賃の料金システムになります。特優賃住宅では入居者の世帯年収に応じた額が家賃から引かれ、低負担で賃貸することが可能になります。引かれた分は自治体や国が補助し、生活が苦しいという方でも賃貸が出来るようにした制度になります。そのため誰でも入居できるわけではなく、定期的に入居募集を行い、そのなかから条件に当てはまる方のみが入居することが出来るようになります。条件の中には家族連れなのか、高齢者なのか、年収が一定以下なのかがあります。

特優賃で建てられた住宅はある程度の設備を持っている場合が多いです。例えば誰でも入居できるよう全てにおいてバリアフリー設備が整っていたり、床面積も豊かな生活が出来るある一定の広さをクリアしています。そのため非常に住み心地がいいという特徴があります。基本的に所得の少ない方を助成するための制度なため、入居する際も礼金や敷金といった初期費用が不要の場合もあり、仲介手数料などもとられません。駐車場の確保も行われており、すべて自治体や市の規定に沿った住宅になっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加